なぜキャッシングではいけないのか

ここでは2万円程度のお金を借りるための解説をしています。
クレジットカードにはお金を借りられる機能、キャッシング機能が付いています。
設定した限度額までお金を借りることが出来ます。
限度額はだいたい50万円から100万円くらいまでです。
年収や支払い実績によって審査により決められるようです。
それにしてもそれだけの限度額があるのですから、2万円くらいキャッシング機能で借りればいいと思うかもしれません。
しかしキャッシング機能にはデメリットもあるのです。

 

それは年利です。
キャッシング機能は利率が高いのです。
ですから、返済が1年くらいと長くかかる場合はおすすめしません。
1か月で返せるような場合はさほど気にならないような利息かもしれませんが。
さまざまなクレジットカードがありますが、全て調べてみると、一番多いのは18%という利率です。
小さい会社でも15%〜18%と書いてあります。
幅があるのは、その人の年収や支払い実績から審査によってその人それぞれで決められるようです。

 

一番小さくても15%です。
でも大抵の人はしんさで18%になると思っておいて間違いないでしょう。
18%という数字は大きいのでしょうか、小さいのでしょうか。
これは10,000円を借りたら、1年後には11,800円にして返さないといけないということです。
2万円なら23,600円にして返さないといけないということです。
1年放置したら、結構な金額になると思いませんか?
銀行の預け入れの利率が0.02%という時代ですから、桁が3つも違います。
とても大きい乖離ですね。
また普通の人はキャッシングで10万円ほどは借りて、1年ほどかけて完済するというのがよくあるパターンだと思います。
すると、1年後に完済したとすると、10万円借りて利率が18%なので、払う利息が18,000円になります。
多いですね。
毎月1万円ずつ払うとして計算すると、利息は8250円です。
それでも損をしていると思いませんか?
クレジットカードのキャッシング枠は利率が高いのです。


消費者金融カードローンの利率

それでは、クレジットカードのキャッシング機能ではなく、消費者金融のカードローンで借りるのはどうでしょうか。
消費者金融のカードローンの利率はどれほどでしょうか。
見てみましょう。

 

多いのは4.5%〜18%あたりに設定しているカードローンです。
一番低いのはソニー銀行のカードローンの2.5%〜13.8%という利率です。
かなり幅がありますね。
しかし、大体の人は上のほうで審査が通ると思っておいていいでしょう。
15%くらいと思っておいていいでしょう。
この利率は最初に聞いても分かりません。
審査して初めて出てくる利率です。
審査に通りましたよという通知書に書かれています。

 

15%として、2万円を借りて1年後に返すとすると、利息は3000円になります。
これを高いと取るか安いと取るかですね。
3000円、軽く飲みに行ける金額ですね。
2万円に困っている人は、3千円もバカに出来ない金額だと思います。

 

クレジットカードのキャッシング機能よりは、カードローンのキャッシングの方がまだ利息は安いです。
しかしそれより利息が安いのが、クレジットカードのショッピング枠の現金化です。


関連ページ

クレジットカードの2つの機能
クレジットカードの機能は1つだけではありません。ショッピング枠の現金化の基本的説明として解説します。
ショッピング枠の手数料
ショッピング枠の手数料は安いのでしょうか。比較してみます。