クレジットカードの仕組み

クレジットカードの現金化を勉強する前に、そもそもクレジットカードとは何か、クレジットカードの仕組みを知っておきましょう。
これを説明しないで、現金化だけ説明をすると、何か怪しい方法じゃないかと不安になると思います。
少しクレジットカードの説明におつきあいください。

 

クレジットカードとはそもそもどういう意味でしょうか。
クレジットは英語のcreditです。
クレジットという発音よりはクレディットの方が近い発音でしょうね。
ディという発音を避けた昔の名残で、今もクレジットという発音をしているようです。
Creditとは英語で「信頼・信用」という意味です。
信用カード、という意味です。

 

信用カードとはどういう意味か。
それは、あなたを信用してこのカードで買い物してもらっていいですよ、という意味です。
クレジットカードは現金が無くても、そのカードを提示すれば買い物が出来て、のちにその買い物の金額が自分に請求されるというシステムです。
たいていその請求は銀行からの引き落としになるわけですが。
システムは、クレジットカードの会社が、あなたに代わって先にお金をお店に払っておいてくれるわけです。
そしてのちにあなたに請求をかけるわけです。

 

一番クレジットカードのありがたみを感じるのは、分割払いにした時です。
お金が足りないときや、いまここで全額払ってしまうと今月キツイなというときは、分割払いにしておくと便利です。
この時もクレジットカードの会社が先にお店に全額払ってくれておいて、のちに分割してあなたに請求をかけるわけです。


クレジットカードには審査がある

でも信用がない人、つまりお金を払うか払わないか分からない人にはこのカードはあげられないわけです。
そのカードで買い物をして、のちに銀行引き落としをしようと思ったら銀行口座が違っていたとか、引き落とし残高がなかったとか、結局支払うつもりがなかったとしたら、クレジットカードを発行している会社が損をしてしまいます。
クレジットカードを発行している会社は信販会社といいます。
だから、クレジットカードを作る時には審査があります。
その人が信用できる人物か審査をするのです。

 

逆に、あなたが信販会社だと思ってみましょう
どんな人にでもカードは発行できないはずです。
お金を払ってくれる信用がある人じゃないとカードを発行しようと思わないはずです。
それに、この人は信用できるだろうと勘で決めつけるわけにもいけません。
ということは、基準を作っておいてそれを満たすかどうかを審査する必要が出てきます。
ではどうやって審査するのでしょう。
ひとりひとり面談をするのでしょうか。
物理的に難しいですよね。
ですから大体は申込用紙を書いてもらって、それから判断します。

 

年収や職業、会社名などを書く欄があります。
それらから支払い能力があるかを判断します。
しかしそれらを偽ろうと思ったら偽る事はできます。
だからこの審査も完璧ではありません。
さらに、ブラックリストに乗っていないかも審査します。


クレジットカードとは何か記事一覧

クレジットカードの2...

クレジットカードには...

» 続きを読む

キャッシングはなぜい...

ここでは2万円程度の...

» 続きを読む

ショッピング枠の手数...

クレジットカードには...

» 続きを読む