お金が必要なときあきらめる選択肢は取れない

急にお金が入用になる時、ありますよね。
給料日前に、少々計算が狂って財布が空っぽになったとき。
預金残高もないし、あと3000円で1週間過ごさなくちゃいけない。
さあどうするか・・・。
その様なとき、誰でも経験があるかもしれません。

 

また、急な結婚式でご祝儀3万円と交通費が必要になったときなど。
合わせて5万円ほど必要に・・・。
でもいつも通り生活していたから、これを出してしまうと、生活費が無くなる。
さあどうするか・・・。

 

いつも給料日までギリギリの生活をしていたのに、彼女が出来たり、気になる事デートが続いたりして、生活費がなくなったとき。
今の日本社会の通念では、男がおごることになっていますからね。
見栄も張りたいし、かっこもつけたいし。
さあどうするか・・・。

 

私の経験では、いつもギリギリの生活をしていたのに、好きなアーティストのコンサートのチケットを、何枚も同時に申し込んで、チケット代の支払いの日が着てしまったときがありました。
一緒に行く人の分まで申し込んであるから、思ったより金額がかさんで、生活を圧迫してしまう時。
さあどうするか・・・。

 

ひとつの選択肢は、その目的をあきらめることです。
結婚式に行くことをやめる。
デートをあきらめる。
チケットの権利をあきらめる。
そして、食べずに耐えて命ギリギリの生活をする。
などです。

 

しかし、人間社会に生きていると、それをあきらめることが難しい事の方が多いものです。
ましてや、食事はは社会的な理由に優先する生命維持に関わる理由です。
おすすめできません。
目的をあきらめるという選択肢は取れないようです。
さあどうするか・・・。


お金が必要なときはお金が必要なのである

お金が必要なときに、その目的をあきらめる選択肢がないということは、やはりお金が必要だということです。
選択肢はなかったのです。
そして問題やはり、一周してお金をどう工面するかということなのです。

 

出はお金を工面する選択肢は何があるのでしょうか。
挙げてみましょう。
親、友人知人に借りる。
消費者金融で借りる。
銀行で借りる。
自分のものを売る、質に入れる。
ギャンブルをする。

 

親、友人知人に借りることが一番リスクが低いでしょうね。
ただ、友人知人だとトラブルになったり、彼らの感情を損なったりする可能性もありますから、それもリスクです。
物理的リスクではありませんが、社会的なリスクかもしれません。
実は友人知人も物理的な利益とも言えますから、友人知人をなくす可能性があるこの手の借金はおすすめできません。
ある程度の金額であれば、まだ親に借りる方がましでしょうね。

 

一番気軽なのが消費者金融でしょう。
アコム、アイフル、レイク、プロミス、NOLOAN、ディックなどのことです。
このほかにも各銀行が消費者金融サービスを持っていることがほとんどです。
手軽に融資してもらえます。
一度申し込みをして審査を通り、カードが発行されれば、対面することなく専用機や銀行のATMから融資を受けられます。
しかしこの手軽さゆえに、消費者金融の借入額が膨れ上がり、生活を圧迫して、果ては人生の足かせになってしまう人も続出しています。


銀行は生活費を貸してくれなかった

一昔前で言えば、お金を借りるとは銀行でお金を借りることでした。
しかしそれは生活費を貸してくれるサービスではありませんでした。
家を建てるとき、車を購入するときなど、大きな買い物をするときのための貸し出しサービスでした。
生活費を貸してと言っても貸してくれる銀行はありませんでした。
なぜなら、生活費を貸してなんて言ってくる人の返済能力はかなりあやしいと思われていたからです。

 

それが、実際に生活費程度を貸し出すというサービスは意外とちゃんと返済されて、商売としても成り立つとわかり始め、結果、今の消費者金融というものが広がっていたのです。
その前に今の消費者金融の代わりをしていたのがいわゆるサラ金です。
これには大きな問題もありました。
しかし、銀行が貸してくれない以上、最後の駆け込み寺になっていたのでしょう。

 

また、2万円程度なら、自分が持っているものをヤフオクなどで売ってしまうというのも手かもしれません。
もしくは質に入れる、古着なら古着屋に売るという手もあるかもしれません。

 

あとはギャンブルです。
一か八かに賭けてみますか・・・・?


もう一つの選択肢「クレジットカードの現金化」

実は消費者金融のように、誰にも会わずにリスクなく現金を借りられる方法があります。
それが「クレジットカードのショッピングの使った現金化」です。
このサイトではこのショッピング枠の現金化を解説していきます。
通常、キャッシング機能が付いたクレジットカード以外は、ショッピングに利用するだけで、お金を借りることはできません。
しかし、ある裏技を使うことで、そのショッピング枠を使って現金を受け取る事ができるのです。
これは怪しい方法でも、違法でもなんでもありません。
このサイトの解説を見ていただければ、みなさん「なるほど!」と納得していただけると思います。

 

 

お金が無い